再生ファーマ開発サプリメント 初乳MAFのご案内


 

初乳MAF

分娩後の牛が数日間だけ分泌する乳汁には、多くの免疫物質が含まれており、細菌やウイルス、様々な病気から赤ちゃんを守ります。
初乳MAFは、その初乳から製造したサプリメントです。




初乳とは

初乳とは分娩後の数日間だけ分泌される、黄色味がかったとても貴重な乳汁のことです。
初乳には免疫物質が多く含まれており、細菌やウイルス、様々な病気から赤ちゃんを守ります。

初乳中の免疫成分

牛の初乳には免疫成分、IgG, IgA, IgM の免疫グロブリンが豊富に含まれています。
また免疫成分以外にも、ラクトフェリン、成長因子、ミネラル、ビタミンなども多く含まれています。

牛の初乳の研究報告

牛の初乳に対する研究が進んでいます。人間に対して以下のような効果が報告されています。

・ 免疫力向上
・ 花粉症
・ アトピー性皮膚炎
・ 自閉症
・ 慢性疲労症候群
・ 様々な自己免疫疾患
・ 脱毛症
・ 腸の修復作用
・ 筋力や体力の増強効果
・ アンチエイジング効果
・ 風邪やインフルエンザ
・ その他慢性、急性の感染症 

http://www.saisei-mirai.or.jp/gan/img/treatment/macrophage02.jpg

マクロファージ(紫)が癌細胞を食べているところ

http://med.stanford.edu/content/dam/sm-news/images/2016/02/macrophage.jpg

マクロファージが細菌を貪食しているところ

 

 

初乳とアンチエイジング、免疫年令とは?

免疫とは、すべての生物が持っている、体を健康に保つためのシステムです。
この免疫システムは、細菌やウイルスなどから体を守り、癌細胞も排除します。
ところが人間の免疫力のピークは20歳代で、40歳代になると半減し、免疫力が下がるとともに、様々な病気にかかりやすくなります。
免疫力を高め、免疫年令を若く保つことは、元気で長生きするための必要条件と考えられています。そして、現実にこれが可能になってきています。

 

初乳MAFによる貪食活性化能





特許出願中:特願2013-257888

 

マウスの腸管マクロファージにおける初乳MAF食作用活性



初乳MAFは強く、LPSと同様のマウスの腸マクロファージの食作用を活性化しました。
初乳MAFは、腸内のマクロファージの活性化に非常によく適している初乳から作られました。

 

Th2のサイトカイン:健康犬における初乳MAF実験



経口GcMAFは、IL-4およびIL-6の産生を抑制しました。 これらのTh2サイトカインは負アレルギー性疾患と関連しています。

 

 

◆ 製品概要


製品名:初乳MAF
原材料:初乳粉末(初乳由来)
成分:初乳MAF
製造国:日本
内容量:60カプセル入り(腸溶カプセル)
保存方法:20℃以下で保存してください。(冷蔵保存を推奨します)

お召し上がり方:朝と就寝前(空腹時)、1日に1〜4個を目安にお召し上がりください。

※ 小麦、大豆、卵、米、グルテン、でんぷん、砂糖、ホルモン様物質、抗生物質、 防腐剤、人工甘味料、合成着色料は含まれておりません。



https://gcmaf.co.jp/sites/default/files/ok-13.jpg製品名: MAF スプレー
原材料: 乳等を主原料とする食品(乳由来)
製造国: 日本
内容量: 20ml
保存方法: 20℃以下で保存してください。(冷蔵保存を推奨します)
お召し上がり方: 朝と就寝前(空腹時)、1 日に4 プッシュ(1 回2 プッシュ) を目安にご使用ください。

※ 小麦、大豆、卵、米、グルテン、でんぷん、砂糖、ホルモン様物質、抗生物質、防腐剤、 人工甘味料、合成着色料は含まれておりません。



再生ファーマ


再生ファーマは、2014年、徳島大学工学部キャンパス内に設立されたバイオベンチャー企業です。
初乳MAF食品の開発、超音波感作剤の研究、また電場療法の研究を行っています。

急性感染症、慢性感染症、癌、自閉症、慢性疲労症候群、多発性硬化症、慢性関節リウマチ、アルツハイマー病、認知症など多くの病気の治療を目指しています。

 


3rd Generation GcMAF Safe and Natural

初乳MAF、MAFスプレーのお見積もりをご希望の方は、
弊社までお問い合わせください。

E-mail:n-japan@ca-nutrients.com
フリ―ダイヤル:0120-072-025
フリーFAX:0120-072-037
担当:森田、小田



【研究論文】

症例報告:多発性硬化症患者におけるGcMAF治療



マクロファージは、マクロファージ活性化因子の複数の機序を介して活性化国の大規模なレパートリーを出展します

 

 

症例報告:GcMAF、音響化学療法および腫瘍治療分野で処理した非小細胞肺がん患者

 

 

GcMAF誘導マクロファージ食作用活性およびin vivo抗腫瘍活性Inを含むDegalactosylated /脱シアル化されたヒト血清

 

 

GcMAFとの統合がん免疫療法の臨床経験

 

 

ヒト単球細胞株THP-1を使用したマクロファージ活性化因子アッセイ系の確立

 

 

三つの事例レポート:重篤な感染症と慢性疲労症候群のための経口初乳マクロファージ活性化因子

 

 

症例報告:GcMAF、音響化学療法とホルモン療法で治療乳癌患者

 

 

自然展望記事

メディカル事業 会社案内

Copyright 2008 California Nutrients,Inc. All Rights Reserved.
トップページ利用規約プライバシーポリシー資料請求お問い合わせ