トップページ インフォメーション サプリメント事業 メディカル事業 会社案内
HOME ホーム > アドレナル・ファティーグセミナー2018 Vol.2 のご案内
資料請求

 

 セミナー概要

 セミナープロローグ

 お申込みフォーム

 会場アクセス

 

  

 4年前から毎年情報のアップデートに伴い継続して開催させていただいている、本間龍介先生、良子先生によるAF(アドレナル・ファティーグ)セミナー ですが、今年1月のMAPS (Medical Academy of Pediatrics Special needs)会長ダン・ロシニョール先生を講師に招いて開催したセミナーに引き続き、AF(アドレナル・ファティーグ)セミナー2018Vol.2を開催させていただく運びとなりました。

ご周知の通り、講師の本間龍介、良子先生は、日本で最初にアドレナル・ファティーグ外来を開始された日本におけるアドレナル・ファティーグ治療の第一人者です。
今回のセミナーでは、アドレナル・ファティーグ外来の基本から最新の臨床応用までをレクチャーしていただきます。
また、今回のセミナーでは、特別講師として2名のゲストスピーカーにも登壇していただきます。
第1回目のアドレナル・ファティーグセミナーに参加され、それを機に自院でアドレナル・ファティーグ外来を始められ、素晴らしい治療成果を出されている医療法人社団明照会の理事長小倉行雄先生に、アドレナル・ファティーグ外来の導入から現状までの貴重なストーリーを語っていただきます。

そしてもうお一方は、企業再生事業・コンサルティング事業の会社の経営者であり、ご自身がアドレナル・ファティーグで長年にわたり苦しまれ、スクエアクリニックのアドレナル・ファティーグ外来での治療により著しく改善された経験をお持ちの瀬川丈氏に、自らの体験談とプロの視点からアドレナル・ファティーグ導入のメリットと自由診療を成功に導くためのヒントについてお話していただきます。


アドレナル・ファティーグとは?


アドレナル・ファティーグとは、副腎(アドレナル)がストレスにより疲弊、疲労(ファティーグ)してしまうことですが、そのことが原因で高血圧や糖尿病等の生活習慣病をはじめ、感染症、うつ症状、アレルギー性疾患等、様々な疾患や症状を引き起こすことになります。
しかし不幸なことに日本で一般的に行われている健康診断や検査では、アドレナル・ファティーグを判定することは困難なため、見逃されているのが現状です。
日本ではまだあまり注目されていない『副腎』ですが、アメリカの抗加齢医学会やヨーロッパでは、アドレナル・ファティーグが万病の元として認識されており、あらゆる病気や症状を治療する際に、まず副腎のケアをすることが常識となっています。

 

【アドレナル・ファティーグが関与する主な症状、疾患】

  • 思考力、認知機能の低下
  • 倦怠感、うつ症状、引きこもり
  • 不眠症、睡眠障害
  • がん
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化症、肥満症等の生活習慣病
  • キレる、イライラ、情緒不安定
  • 更年期障害、性欲低下
  • 骨粗鬆症
  • 便秘、下痢、腹部膨満感等の腸トラブル
  • しわ、たるみ、薄毛、白髪等の見た目の老化
  • 関節リウマチ、バセドウ病、橋本病等の自己免疫疾患
  • アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息等のアレルギー性疾患
  • 自閉症

 

このAF(アドレナル・ファティーグ)セミナーは、アドレナル・ファティーグについての知識と情報を共有し、治療のスキルアップに役立てていただくためのセミナーです。
このセミナーは、特に以下のような方に推奨いたします。

  • AF(アドレナル・ファティーグ)治療について学びたい方
  • 自由診療の導入を検討している方
  • 自由診療を導入しているが、さらなる進化を目指している方
  • 臨床で活かせるサプリメンテーションを学びたい方
  • 尿中有機酸検査や尿中アミノ酸検査、重金属検査、遺伝子(SNPs)等のバイオロジカル検査の臨床応用について学びたい方
  • 難治性の慢性疾患に有効な治療を模索している方
  • 世界スタンダードなバイオメディカル療法を学びたい方

■日時: 平成30年9月30日(日) 10:00~17:00(開場9:30)
     *セミナー終了後 別会場で懇親会 

■会場:  品川フロントビル会議室       

■対象: 医療従事者の方

■定員: 90名 *先着順 定員となり次第締め切らせていただきます。

■セミナー受講料: テキスト、オーガニックグルテンフリー弁当、バックアップサービスを含む

  • 医師、歯科医師: 50,000円(税込)
  • 同伴者(医師、歯科医師以外): 40,000円(税込)
  • 懇親会: 3,000円(税込)

■主催: California Nutrients, Inc
フリーダイヤル:0120-072-021  フリーFAX:0120-072-037
E-mail:service@ca-nutrients.com

*このセミナーの映像収録は予定しておりません。
また、セミナー中のビデオ、カメラによる撮影及び、レコーダー等による録音はご遠慮下さい。

  

  ◆講師のご紹介

本間龍介 先生

スクエアクリニック 副院長、医学博士 MBA
日本抗加齢医学会専門医、日本抗加齢医学会評議員、米国抗加齢医学会フェロー、日本医師会認定産業医、日本内科学会会員
NPO やさしい医療推進協議会 理事(高齢者在宅医療支援団体)

自らがアドレナル・ファティーグに苦しんだ経験を活かし、ストレスで悩む方のアドレナル・ファティーグ外来を行なっている。また、米国で学んだアンチエイジング医学を日本人の体質に合わせた、栄養・アレルギー治療にも取り組んでいる。

 


本間良子 先生

スクエアクリニック 院長
日本抗加齢医学会専門医、米国抗加齢医学会フェロー、日本医師会認定産業医、日本内科学会会員
家庭医として従事する一方、抗加齢医学外来・アドレナル・ファティーグ外来で治療効果を上げている。

最近ではホルモン補充療法やブレインマネージメントまで診療の幅を広げている。また、自閉症児だけではなく健常児の栄養サポートも行い、子供たちのたくさんの笑顔を作るために奮闘している。二児の母親でもある。

 


小倉 行雄 先生

医療法人社団明照会 理事長 医学博士 

名古屋大学医学部卒業後、安城更生病院、知多市民病院外科、名古屋大学付属病院小児外科での勤務を経て、平成17年に名古屋市名東区にて青空クリニック開院。

平成20年に医療法人社団明照会理事長就任。

 

 

 


瀬川 丈 氏

株式会社トレジャープロモート 代表取締役

会計事務所系コンサルティング会社勤務時代の長時間勤務で
極度の疲労感が抜けず、コーヒーとカフェイン錠剤を常用する生活になる。

2時間のミーティング程度で心身ともに疲労困憊してしまう毎日を数年過ごす。アドレナル・ファティーグ治療に出会い、体調が大幅に改善した経験を持つ。

Copyright 2008 California Nutrients,Inc. All Rights Reserved.
トップページ利用規約プライバシーポリシー資料請求お問い合わせ