再生ファーマ開発サプリメント MAFシリーズ


毎日の健康と美容を気にかけるあなたへ

再生ファーマが開発したMAFシリーズは、牛の初乳やチーズから抽出された有効成分で、健康と美容を効果的にサポートします。
既に世界各国で、年齢性別に関わらず広く愛用されています。

☑ 腸まで届くカプセルタイプの 『MAFカプセル』
☑ スプレータイプの 『MAFスプレー』
☑ 携帯に便利なパウダースティックタイプの『Mパウダー』
☑ お子様でも手軽に摂取できる 『Mロリーズ』

用途に合わせて、それぞれの製品をご活用下さい。

  • マクロファージを活性化させるMAF

マクロファージを活性化させる物質のひとつに、MAF(Macrophage Activating Factor)と呼ばれるものがあります。
このMAFは、マクロファージを活性化させ、体内に侵入してきた「ウイルス」、「細菌」や「がん細胞」を「攻撃」「分解」「消化」という一連の作業をおこない感染を防ぎます。
マクロファージは、脳や皮膚、肺、腸等全身のほぼ全組織に存在し、修復と再生に関して重要な役割を果たします。

http://www.saisei-mirai.or.jp/gan/img/treatment/macrophage02.jpg

マクロファージ(紫)が癌細胞を食べているところ

http://med.stanford.edu/content/dam/sm-news/images/2016/02/macrophage.jpg

マクロファージが細菌を貪食しているところ

  • MAFの主な機能

◆ 製品概要


MAFカプセル マクロファージ活性化因子が腸まで届き、腸管免疫をサポート


分娩後の牛が数日間だけ分泌する乳汁には、多くの免疫物質が含まれており細菌やウイルス、様々な病気から赤ちゃんを守ります。

MAFカプセル1カプセル中には、MAF(マクロファージ活性化物質)100ng、免疫グロブリン、
他の免疫学的因子が含有されています。
特殊な腸溶カプセルを採用していますので、、有効成分を直接腸まで届けます。
腸のパイエル版に存在する大量のマクロファージを直接活性化することを目指しています。

原材料:微結晶セルロース、乳等を主原料とする食品(初乳由来)、ステアリン酸カルシウム、HPMC(腸溶カプセル)
製造国:日本
内容量:60カプセル入り(腸溶カプセル)
保存方法:20℃以下で保存してください。(冷蔵保存を推奨します)

お召し上がり方:朝と就寝前(空腹時)、1日に2~6カプセルを目安にお召し上がりください。

 

※ 小麦、大豆、卵、米、グルテン、でんぷん、砂糖、ホルモン様物質、抗生物質、 防腐剤、人工甘味料、合成着色料は含まれておりません。



MAF スプレー 口腔内や皮膚等、患部に素早く吸収させるスプレータイプ


スプレーに含まれるMAF(マクロファージ活性化物質)が、扁桃や口腔内の患部へ素早く浸透します。

原材料: 乳等を主原料とする食品(乳由来)
製造国: 日本
内容量: 20ml
保存方法: 冷蔵保存を推奨します。

 

お召し上がり方: 朝と就寝前(空腹時)、1 日に4 プッシュ(1 回2 プッシュ) を目安にご使用ください。

※ 小麦、大豆、卵、米、グルテン、でんぷん、砂糖、ホルモン様物質、抗生物質、防腐剤、 人工甘味料、合成着色料は含まれておりません。

 

 


M-Powder(Mパウダー) 携帯に便利なパウダースティックタイプ


素材そのままの優しい風味のミルクパウダーを携帯に便利なスティックタイプに仕上げました。 Mパウダー1スティックには、MAFカプセル1カプセル中と同量のマクロファージ活性化成分が含まれています。
口の中でゆっくり溶かして飲むことで、口腔内や食道の組織に吸収されて免疫細胞が活性化されます。


原材料: チーズ抽出物(乳由来)、デキストリン
製造国: 日本
内容量: 60包 (スティックタイプ)
保存方法: 直射日光や高温多湿を避け、涼しいところに保存して下さい。

お召し上がり方:
1日2袋を目安にパウダーを口の中でゆっくり溶かして水なしでお召し上がり下さい。
口に含んだ際には、喉につままらせたり気管に入らないようご注意下さい。

※ 小麦、大豆、卵、米、グルテン、でんぷん、砂糖、ホルモン様物質、抗生物質、防腐剤、 人工甘味料、合成着色料は含まれておりません。

 


Mロリーズ 手軽に摂取できるやさしいミルク風味のキャンディー


お口の中でキャンディーを舐めていただくことで、扁桃組織に効率よく吸収され、免疫細胞の活性化を促進します。カプセルが苦手な方にもおすすめです。

原材料: 砂糖、水飴、チーズ抽出物(乳由来)、香料(ミルクオイル) 
製造国: 日本
内容量: 50粒
保存方法: 直射日光や高温多湿を避け、涼しいところに保存して下さい。

お召し上がり方: 1日に1~4粒の摂取を目安にご使用ください。

※ 小麦、大豆、卵、米、グルテン、でんぷん、ホルモン様物質、抗生物質、防腐剤、 人工甘味料、合成着色料は含まれておりません。

MAFシリーズにはカゼインはほとんど含まれていないため、多くの牛乳アレルギーの方もご愛用されていますが、
微量の牛乳成分の摂取でもアレルギーを起こす可能性の高い方の摂取は控えてください。

 

  • マクロファージの活性化による主な健康効果

   
  

再生ファーマ

再生ファーマは、2014年、徳島大学工学部キャンパス内に
設立されたバイオベンチャー企業です。
免疫活性食品MAFシリーズをはじめ、超音波感作剤、電場療法等の開発や研究、製造を行っています。現在、本社は⼤阪へ移転し、守口市にある製造⼯場はGMP認定を受けています。
再生ファーマでは、急性感染症、慢性感染症、癌、自閉症、慢性疲労症候群、 多発性硬化症、慢性関節リウマチ、アルツハイマー病、認知症等多くの病気 治療を目指し、研究開発を続けています。


MAFシリーズについては、弊社までお問い合わせください。

E-mail:n-japan@ca-nutrients.com
フリ―ダイヤル:0120-072-021
フリーFAX:0120-072-037



【研究論文】

 医療法人再生未来グループと大学や医療施設との共同研究により、これまでに発表された研究論文です。

Oral Colostrum Macrophage-activating Factor for Serious Infection and Chronic Fatigue Syndrome: Three Case Reports

GcMAF: our next-generation immunotherapy

再生ファーマ開発サプリメント MAFシリーズ

Macrophages Exhibit a Large Repertoire of Activation States via Multiple Mechanisms of Macrophage-activating Factors

Establishment of a Macrophage-activating Factor Assay System Using the Human Monocytic Cell Line THP-1

Development of colostrum MAF and its clinical application

Degalactosylated/Desialylated Human Serum Containing GcMAF Induces Macrophage Phagocytic Activity and In Vivo Antitumor Activity

Clinical Experience of Integrative Cancer Immunotherapy with GcMAF

Case Report: GcMAF Treatment in a Patient with Multiple Sclerosis

Case Report: A Non-small Cell Lung Cancer Patient Treated with GcMAF, Sonodynamic Therapy and Tumor Treating Fields

Case Report: A Breast Cancer Patient Treated with GcMAF, Sonodynamic Therapy and Hormone Therapy

ANTICANCER RESEARCH  International Journal of Cancer Research and Treatment

 

 

メディカル事業 会社案内

Copyright 2008 California Nutrients,Inc. All Rights Reserved.
トップページ利用規約プライバシーポリシー資料請求お問い合わせ